レビュー

食洗機 NP-TH4が最高な理由

時短家電のひとつとして代表的な食洗機ですが去年の12月ごろに取付込みで10万ぐらいで購入しました

使用して3ヶ月以上たったのでレビューしていきます

良いところ その1 十分な食器収納力

ボクは妻との二人暮らしなんですが、朝使った食器と夕飯を終えた食器を同時に入れたものが上の写真の状態です

ご覧の通りまだまだ余裕があるんで、収納力は申し分ないです

ちなみに食器をぎゅうぎゅうに入れると洗い残しが出てくるようになるので、入れすぎには注意が必要です

ボクの場合汚れが酷いものは電気ケトルで沸かしておいたお湯をかけて、汚れを落としてから食洗機にいれるようにしています

良いポイント その2 水筒が洗える

サーモスから食洗機対応のJOK-500という水筒が出ています

これならいつもの食器洗いと同時にセットが可能で問題なく洗えます

食洗機を買う前は水筒を洗うのが非常に面倒だと思っていました

他の食器を洗うスポンジとは別に水筒専用のスポンジを使用して洗い終わったらスポンジも洗い流して…

水筒が一つ増えるだけで、ずいぶんと作業が増えるのがすごく面倒だと思っていたのでこの水筒が食洗機でOKなのはとてもGOODポイントです

気になる騒音は…

ボクの自宅では食洗機が置いてあるキッチンと、リビングの部屋が完全に分かれているので音は全然気になりません

思った以上に騒音が少ないのでこれから購入する人でリビングとキッチンが一緒の人でも全然問題ないんじゃないかとボクは思います

ちなみに自宅は賃貸ですが夜中に回しても全然問題なさそうなぐらいの音なので、買うときの参考にしてもらえればと思います

ここがちょっと不満…

実際に使ってみると細かい不満ポイントがいくつか出てきます

不満ポイント その1 水滴

この食洗機には乾燥モードがついているのですが、実際にそのモードを使用してもある程度の水滴がどうしても残ってしまいます

特にマグカップの底などには水が溜まりやすいので、洗い終わったあとに拭いています

不満ポイント その2 長い

洗いモードが3段階あるのですが一番短いモードでも1時間弱かかります

さらに乾燥モードも使用すると30分、1時間と上乗せされます

入ってる食器の量に関係なく、この時間がかかるので、少量のときでも1時間ぐらいは絶対にかかります

ボクはこうやって使う

乾燥モードは食器を清潔にできて良いのですが、上で説明した通り時間がながくなってしまうし、完全に水滴を落とせるわけではないので基本的に使わなくなりました

ちなみに乾燥モードは電気量もすごいみたいでそういう意味でも使用しないほうが良いかと思います

乾燥モードを使用しない代わりに食洗機の洗いが終わったら、水滴がたまりそうなところだけ拭くようにしています

ひとつ作業が増えてしまいますけど、たいした作業じゃないし、電気代も節約できるのでここは割り切ってます

まとめ

食洗機は高い買い物ですが、実際に購入して3ヶ月使用した感想としては「もっと早く買っておけばよかった」

この記事で一番言いたかったことです

良いところ悪いところも紹介してきましたが、やっぱり食洗機っていいなぁと改めて思いました

毎日使うものだからこそある程度の投資は許せると思うし、早く買うほどお得だと思うので購入を悩んでる人がいれば、ぜひこれを機会に買ってみてはいかがでしょうか